2008年06月18日

東証アジアメディア=香港市場ワーサンガス

国南部では16日までに、広い範囲で暴風雨となり、ここ数十年で最悪の大洪水となっている。この大洪水の被害は、発展著しい珠江デルタ(Pearl River Delta)地域や広東(Guangdong)省広州(Guangzhou)、深セン(Shenzhen)などの都市に及んでいる。


最近の中国は災難続きだな。
災難といえば東京証券市場に上場のアジアメディア!
CEOが不正したお陰でストップ安!
今日の株価は97円。
高値だった2000円と比べ20分の1です!!

アジアメディアは香港市場界のワーサンガスか!
小さい会社はワンマン社長のやりたい放題だからGEM市場は信用できん!

ワーサンガスといえば、ワーサンガス ストロングバイの小泉鉄造さんだが元気なのかな〜。





posted by ゼンジー天津 at 19:57| 香港 ☔ | TrackBack(0) | その他銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

日本高度成長と【動画】四川せき止め湖放流

ゆっくりと徐々にだけど復興のきざし。
阪神大震災もそうだけど災害で復興しない事例はないから、四川にしても復興を信じています。

中国にいると思うのは高度成長期の生き生きとした昔の日本を感じること。

街には人であふれ、デパートのバーゲンでは洋服を奪い合い、人がパワーで満ちていた。
だれもが将来が有望性を感じていた。

そのような国に投資することは戦略的に間違っていないと思う。
中国株の会計制度に不安があるのは、日本の新興株市場と同じこと。
日本でも買うなら東証1部が安全なように、H株など大型株に限る。

四川【動画】の他の記事でアップしてます。


 

posted by ゼンジー天津 at 10:23| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

【動画】巨大な「せき止め湖」での排水

こりゃまた凄い激流だ。
こういうの見る度に中国の大きさを感じる。
瀬戸内海を見て中国人は川のようだと言うってよ。

四川大地震で四川(Sichuan)省北川(Beichuan)県の唐家山(Tangjiashan)にできた巨大な「せき止め湖」での排水作業が10日、ようやく進展した。軍が砲撃やダイナマイトを使い、想定された排水ルート上の障害物を爆破し排水量が大幅に増えたためだ。付近の住民は皆、避難を余儀なくされている。中国中央テレビ局(CCTV)は、排水による濁流が北川の町を流れていく様子を放映した。(


ラベル:動画 地震 中国
posted by ゼンジー天津 at 21:50| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 中国世俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピック銘柄って何ですか?

五輪開催真近だけど去年までは騒がれていたオリンピック銘柄って一体どうなったんだろう?
最近聞かないな〜。
オリンピックなんて緒戦は一時的なイベント、消費銘柄一イベントに過ぎなかったということか。



五輪開幕を73日後に控えた北京(Beijing)市で27日、大気汚染のレベルが最高値に達した。政府は気管支系の疾患を持つ住民に対し、外出を控えるよう注意を促している。



posted by ゼンジー天津 at 13:21| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

中国・吉利汽車(Geely)のレーシングカー

中国の4月の自動車輸出台数が7万1000台となり、前年同期比69.5%の増加となったと伝えた。同国の自動車生産者組合「中国汽車工業協会」によれば、1か月の輸出台数が7万台を突破するのは今回が初。

 中国は2005年に自動車輸入国から輸出国となった。メーカー各社は国内外での生産を強化し、成長著しい東欧や南米の市場にも進出している。



今後は中国勢にタタなど新興勢力乱入による安売り車戦国時代の突入か。
人件費においては中国は高騰しているから日本のように品質を高めないと!
そのためにはまずは中国人に信頼され、売れる自動車が欲しいところ。
吉利の社長も安売り路線はやめて品質重視の車を作るって言ってたな〜。
そういえば吉利、日本企業と合弁探してるって記事あったけどその後どうなったんだろうな。




posted by ゼンジー天津 at 22:29| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

日本株東証一部チャイナボーチーの1Q

市内の大気汚染レベルが著しく悪化し、呼吸器系の疾患のある市民に対し外出を控えるようにとの警告が発令されたばかりだ。
 世界でも最悪レベルとされる北京の大気汚染の原因は、主に石炭の燃焼や車両排気ガスによるものだが、経済発展に伴い車両台数は増加し産業公害が深刻化するなど、大気汚染悪化への懸念は一層高まるばかりだ。



写真見るだけでもその凄まじさが伝わってきます。
3月に友人が上海に旅行に行ったのですが、大気汚染がひどく白のシャツが夜には灰色のシャツになったと言っています。。
上海人はそれに慣れてるせいかマスクはしないそうです。
肺ガンにならなければいいのですが^_^;

環境銘柄は全体的にいけると思う。
東証一部に上場している環境銘柄ど真ん中のチャイナボーチーの1Qは四川大地震、鉄鋼価格高騰の影響を受け、芳しくなかったが下方修正しなくても大丈夫な模様。




posted by ゼンジー天津 at 14:44| 香港 ☔ | TrackBack(0) | 環境銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

【図解】四川省大地震、拡大する被害

図は、四川省大地震における被害状況をしめしたもの。


中国株への影響は軽微なようですが、テレビやネットニュースを見ても今後も被害の拡大は確実に進む模様ですね。
今や死者は7万人近く。。
四川省の早い復興を心から祈ります。


ラベル:四川省 中国株
posted by ゼンジー天津 at 22:14| 香港 ☔ | TrackBack(0) | 中国世俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。