2016年04月14日

インターネット広告


posted by ゼンジー天津 at 13:01| 香港 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

見切り万両

久々の更新。
春から売っていた中国株を夏までに中国日本株一切を売り払い、そこから静観。

今の中国株は買いか?

残念ながら、そうとは思わない。

買いからでないと参戦できない中国株においては、上昇トレンドを確認できてからでも充分だと思う。
別に尻尾は食べられなくてもいい。
ナンピンはやってはいけない行為だと思っている。

見切り千両と言うけど、
見切りは万両に値する。

posted by ゼンジー天津 at 09:37| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

中国大気汚染の深刻さ=チャイナボーチー、アジアメディア

8月8日の北京五輪開幕まで2週間を切った26日、大気汚染改善の積極策もかかわらず、北京(Beijing)市内はいまだにスモッグに包まれている。

 中国当局はこのスモッグを「霧」と称し、深刻な汚染を否認している。これに対し国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)のジャック・ロゲ(Jacques Rogge)会長は、大気環境が劣悪であればいくつかの競技の延期もあり得ると警告している。



中国の大気汚染、相当深刻。。
ここで注目されるのがチャイナボーチー(東証1412)だが、アジアメディアの影響か、こちらの暴落も相当深刻。。。

STAKさんとオフ会で話したけど我々に入る材料なんてたかが知れている。
材料に注目したってインサイダーでもない限り我々一般ピーポーが知る頃はその情報は出尽くしの材料。。。







posted by ゼンジー天津 at 13:55| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

STAKさんとプチオフ会

仙台は何年振りの訪問。
駅前は随分変わっていた。
駅前周辺、特に東口の変貌はすごい。
路線価の上昇率日本一になる都市は、勢いがぜんぜん違う。
 

昨日はその仙台でプチオフ会。
中国株ログの管理人、チャートの貴公子 STAKさんとのミーティング。
場所は宮城球場。
楽天―ロッテの試合を見ながらのオフ会。
楽天の先発は岩隈。
これが株リーグならSTAKさんは岩隈の変わりにマウンドに立つような人物。

話の内容は、サブプライム、中国株、チャートとファンダメや材料、ロングステイ、航空会社、金現物などなど多岐に渡り試合そっちのけ。
株投資については。。。。。。    株に対する投資方針を変えようと思いました。

情報、材料、テーマ、ファンダメは参考程度にしようと思います。
(情報ブログは今後も一応続けます。)
 

情報には二種類あります。
インフォメーションとインテリジェンス。
インフォメーションは巷に流れる情報。
インテリジェンスは端的にいえばインサイダー(もしくはそれに近い)情報。
インテリジェンスが入る人、インフォメーションを造る人でないゼンジーは情報重視はお休み。
真実はチャートの中に。

株には経験が重要とつくづく思います。
STAKさんの話には去年も今年もブレがない。
物事の重要な事って常にシンプルだと思う。
STAKさんとしては去年と同じことを言っていたのでしょうが、経験の差によってその理解できる度合いには雲泥の差が。
今年は去年より開眼。

中国株界にもカテキンさんなどいろんな有名人がいますが、その人たち話を一回で理解し即応できる人はそれなりの経験を持った人だけだと思う。
頭の悪いゼンジーには、なお更難しい。。

株は損切りを前提に。
キャッシュ保持の短期投資。
短期と中長期の明確な違い。
3勝7敗でも勝てる投資。

成功したいなら成功者に聞くのが一番。

STAKさん、コップクン、クラッ!
posted by ゼンジー天津 at 00:00| 香港 ☁ | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

日本高度成長と【動画】四川せき止め湖放流

ゆっくりと徐々にだけど復興のきざし。
阪神大震災もそうだけど災害で復興しない事例はないから、四川にしても復興を信じています。

中国にいると思うのは高度成長期の生き生きとした昔の日本を感じること。

街には人であふれ、デパートのバーゲンでは洋服を奪い合い、人がパワーで満ちていた。
だれもが将来が有望性を感じていた。

そのような国に投資することは戦略的に間違っていないと思う。
中国株の会計制度に不安があるのは、日本の新興株市場と同じこと。
日本でも買うなら東証1部が安全なように、H株など大型株に限る。

四川【動画】の他の記事でアップしてます。


 

posted by ゼンジー天津 at 10:23| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

オリンピック銘柄って何ですか?

五輪開催真近だけど去年までは騒がれていたオリンピック銘柄って一体どうなったんだろう?
最近聞かないな〜。
オリンピックなんて緒戦は一時的なイベント、消費銘柄一イベントに過ぎなかったということか。



五輪開幕を73日後に控えた北京(Beijing)市で27日、大気汚染のレベルが最高値に達した。政府は気管支系の疾患を持つ住民に対し、外出を控えるよう注意を促している。



posted by ゼンジー天津 at 13:21| 香港 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

「安い中国製品の時代」は終わる?労働事情

新たな労働力を獲得するため、現在、多くの工場が中国内陸部へ進出している。アジア地域で中国と競争する国々の中には、ベトナムなどのように中国より安い労働コストを実現している国も出てきた。
 ハイテク製品などバリューチェーンの上流に移行する工場もあるだろうが、それができない工場は淘汰されるだろう。


珠江トライアングルの人件費高騰は話題になっていたけど、中国も日本と同じ道を進んでいる。
この人たちがどこへ向かうか。
中国の人件費が高騰したとはいえ中国が世界の工場であることはそう簡単に揺るがない。
ただこのお金を持ち始めたハングリーだった人たちの購買たるや、日本同様すさまじいものが予想される。
元高も避けられないから、これからの中国株投資は輸出銘柄より国内消費銘柄か。

posted by ゼンジー天津 at 00:00| 香港 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする