2008年04月30日

紫金鉱山開発に抗議する村人へ警官発砲、1人死亡

「紫金鉱業(Zijin Mining Group)」が村人との補償交渉に合意していないにもかかわらず開発を進めたことが背景にあり、衝突の発端は、警察官と同社社員が、村人のカメラを取り上げたことだったという。村人のほとんどは、少数民族のミャオ(Miao)民族だった

まさか紫金が事件の発端だったとは!
江西銅業にしろ万科にしろこういうことをやっているんだろうか。。
こういうことを行う企業は中小企業で上場するような企業には関係のない話だと思っていたのでちょっとショック。。
(ーー;)




posted by ゼンジー天津 at 00:00| 香港 ☁ | TrackBack(0) | その他銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95094066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。