2008年07月14日

モと言えば、日本ではモナだけど中国では藻

北京五輪のセーリング会場となる黄海沿岸の青島(Qingdao)で藻が大量発生した問題で、除去は順調に進んでいるとの当局の発表に反し、国営新華社通信(Xinhua)が近隣の沿岸に急拡大していると報じている。

 11日の報道では、青島のある山東(Shandong)省に隣接する江蘇(Jiangsu)省で、藻の繁殖を食い止める緊急対策が導入されたという。

 青島では藻類がセーリング会場に侵入するのを防ぐため、12日までにコース周辺が22キロ以上におよぶ空気注入式オイルフェンスで囲まれた。

 藻類大量発生の被害海域は、6月末時点で1万3000平行キロメートルだったが、必死の除去作業にもかかわらず拡大は続き、現在その規模は正確につかめていない。

 藻類は現在、青島から山東半島先端近くの栄成(Rongcheng)にわたる200キロの沿岸に到達。乳山(Rushan)など沿岸の複数の自治体当局は夏の観光シーズンを前にして対策強化に迫られている。




モと言えば、日本では山本モナだけど中国では藻。
どちらのモも困ったチャンですね!(~o~)



posted by ゼンジー天津 at 19:18| 香港 ☁ | TrackBack(1) | 北京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102885724

この記事へのトラックバック

【北京五輪】謎の「藻の繁殖を食い止める緊急対策」
Excerpt: 「藻の繁殖を食い止める緊急対策」とは一体・・・?
Weblog: 熱帯夜
Tracked: 2008-07-16 19:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。